光の可能性に対する研究

ドナ・ケラー・オシポフは最初の片頭痛を発症してから30年、
錠剤からボトックスまであらゆるものを試しましたが、
どれも頭痛を緩和してくれませんでした。
数日ごと襲い掛かる頭痛と吐き気、そして無力さに、
彼女は暗い部屋に閉じこもることを余儀なくされました。

ケラー・オシポフが片頭痛の「グリーンライト療法」をテストする
臨床試験を知ったとき、彼女はためらうことなく登録しました。
調査が終了してから数か月後の今も、彼女
は1日2時間、
携帯用LEDライトの緑色の輝きに身を浸し、
夜になると横に置いて就寝します。
彼女はグリーンライト療法を使いはじめて以来、
片頭痛は起こっていません。

アリゾナ大学の外科専門医であるケリー・ギルブレイスは、
緑色のLEDが貼られた透明なプラスチック容器を使って
片頭痛研究をしています。

アリゾナ大学では皮膚または目を特定の波長の光にさらすことが
健康問題の治療に役立つかどうかの研究は数十件が進行中ですが、
ギルブレイス教授のこの試験も、それらの研究の一つです。
マサチューセッツ総合病院では、ヘルメット型の赤色発光が
外傷性脳損傷患者の回復に役立つかどうかを研究しています。
サンフランシスコのカリフォルニア大学では、
同様の装置がアルツハイマー病の人々の精神的な衰えを
失速させることができるかどうかを研究しています。
皮膚科では、日常的に光療法を使用して皮膚の問題を緩和しています。
また、最近、低価格で熱のない発光ダイオード(LED)が
利用できるようになったことで、にきび、うつ病、痛みを
治療するための機器も増えています 。

「光療法への関心は間違いなく高まっていると思います」
「病院に通って光を当てる代わりに、患者は自宅で光を当てることが
できるようになりました。ライトは基本的に同じで、
安全性の問題はほとんどありません。」とハーバード大学医学部皮膚科の
准教授マイケル・ハンブリン博士は述べています。

 

光療法の仕組み

20世紀初頭まで、医師はくる病や乾癬の治療薬として患者のベッドを
日当たりの良いバルコニーに置きました。
1903年、医師のニールス・フィンセンは、皮膚結核(ループス)を
治療するためのランプを発明したことでノーベル賞を受賞しました。
1920年代、オリンピックアスリートは、パフォーマンスを向上させるために
レースの前に紫外線を浴びていました。

光線療法は、薬物療法と皮膚癌に対する高まる懸念が生じたときに
治療の表舞台から影をひそめてしまいました。
しかし、ここ10年間で、皮膚を傷つける紫外線を最小限に抑えながら
正確な波長を提供する低コストのレーザーやLEDの登場により、
光療法は改めて見直されてきています。
Future Market Insightsの新しいレポートによると、
米国の消費者は2016年に光線療法に3億900万ドルを費やし、
今後10年間で世界市場は毎年5%成長すると予測されています。

しかし、正確には光はどのように機能するのでしょうか?

その問いに、
「光合成による植物のような人々は、光に対して化学反応を起こします。
光の粒子が皮膚に当たると、細胞内の光に敏感な分子に吸収され、反応が始まります。
その応答は、光の波長または色、および使用場所によって異なります。
たとえば、より長い波長または目に見える「赤色」の光が皮膚に当たると、
ミトコンドリア(細胞の発電所)を微調整してエネルギーをより効率的にし、
抗炎症薬や病気と闘う抗酸化物質の産生を促進します。
光は「細胞内の保護メカニズムを活性化する非常に穏やかな刺激です」
と、Wellman Center for Photomedicineの主任研究者でもあると
Hamblin氏は述べています。

光が目を通過すると、網膜から脳に至る神経を刺激します。
これは「気分に影響を与えるセロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質の生産に
影響を与える短い波長または目に見える「青色」の光は、目を覚まします。
目に入ると、メラトニンの生成を妨げ、睡眠を助けます。」と、
ブリティッシュコロンビア大学の精神科の研究者である
レイモンド・ラム医学博士は説明します。

 

肌と気分の光療法

最も一般的で受け入れられている医療用途は皮膚科です。
細菌と戦う方法のために、青光はにきびを治療するために医師のオフィスで日常的に
使用されますが、赤光はしわの治療に適用されます。

「ミトコンドリアを刺激すると、古い細胞はより若々しい細胞のように活性します」と、
ニューヨーク市に本拠を置く皮膚科医のMeghan Feely医師は言います。

にきび治療後に医師から太陽光を避ける必要があると指示を受けた患者は保護メガネを
着用します。
その際も一般で販売されている家庭用機器は通常安全であると言います。
しかし、それらの機器は必ずしも専門的な治療と同様に機能するものではありません。
家庭用の機器は、より深刻な嚢胞やにきびには高い効果は期待できません。
これらのデバイスは既存の治療ツールの優れた補助装置になると思います。」と
フィーリーは言います。

日が短くなり、明るい自然光が不足になることで発症する季節性情動障害による
うつ病において、メンタルヘルスを後押しするために、医師は治療に白や青のライトを
活用できます。
人工光を使用して日ごとの覚醒を促進することにより、治療は体調を崩した体内時計を
リセットし、通常の睡眠パターンを回復し、気分を高めることができます。

ラムの研究によると、季節外れのうつ病の人も、光を見たときに気持ちの良い
神経伝達物質の産生を促進することで恩恵を受ける可能性があります。

2015年のある研究では、プラセボグループは、1日あたり30分間、
10,000 luxの蛍光灯ボックス(朝の夏の光の明るさ)にさらされたグループ。
抗うつ薬を毎日服用したグループ。両方を行ったグループ。
の4つのパターンでの比較研究を行いました。

8週間後、抗うつ薬グループの29%が気分が良くなり(プラセボグループの33%未満)、
光線療法グループの50%およびコンボグループの76%が改善しました。

双極性障害を持つ人に対しては、症状が改善するライトの明確な取り扱い、
使用法を整えるべきである、とラム氏は述べています。
彼はしばしばうつ病患者のための薬物療法と一緒に光線療法を処方します。

「ほとんどの人は、光線療法を冬のうつ病だけのためのものと考えています。
非季節性うつ病に効果があるかもしれないという考えはあまり知られていません。」

 

未来のフロンティア

他の深刻な病気に光線療法を使用することになると、懐疑論は高く、人間の研究は少なく、
結果はまちまちです。

脳卒中患者に対する光線療法の最近の大規模な研究は、「無益」と判断され早期に
中止されました。
創傷治癒のための光療法に関する他の研究は決定的ではありません。

しかし、光療法を30年間研究しているHamblinは、適切な用量、波長、および技術を
使用すると、慢性疼痛や記憶力や思考スキルの低下などの広範な障害に対する改善の
見込みが豊富にあると考えています。

合計820人の患者を対象とした16件の試験の1つのレビューでは、皮膚に近赤外光
(赤よりわずかに長い波長)を当てると、治療直後とその後の数週間、
首の痛みが緩和されました。

認知症患者を対象とした別の小規模な研究では、頭蓋骨と鼻孔の内部に近赤外光を
毎日20〜25分間放出する装置を12週間装着すると、
記憶力と思考テストが向上することがわかりました。現在も大規模な試験が進行中です。

一方、アリゾナ大学の疼痛管理クリニックの所長であるモハブ・M・イブラヒム医学博士は、
慢性疼痛のために青よりわずかに長い波長を有する緑色光に関する研究に尽力しています。

彼の研究は、ラットが網膜を通して緑色のLED光にさらされると、脊髄でエンケファリンと
呼ばれる天然の鎮痛剤の産生を促進することを示しました。

それが、ヒトでの予備試験で、ケラー・オシポフのような片頭痛の患者に対する効果を
報告した理由です。

イブラヒムは、被験者が片頭痛の際に光を絶対に使用しないよう注意しました
(光にさらされると悪化する可能性があります)。

「これはまだ非常に実験的であり、さらに研究が必要です」とイブラヒムは強調します。
「しかし、結果には非常に興奮しています。」

ケラー・オシポフもそうです。

青色光療法を開始して以来、彼女は薬を半分に減らし、ボトックス治療を中止し、
修士号を取得するために学校に戻ることができました。

「私はあなたに一つのことを伝えることができます」と彼女は言います。
「私はもう光を失わない。」

 

出典元:https://www.webmd.com/migraines-headaches/news/20170913/new-uses-for-light-therapy?fbclid=IwAR2TMQGUGv2YzojdKGwSNJZ7-LCmdkcrVlXYbyjZK25jd8eJ28Aa40jYZx4