医学における光療法の活用

海外では医療現場でも活用されている光療法は
病気を治すというよりも
免疫力を上げたり、体の機能を
正常に戻すことを目的とした療法です。

===================================================
太陽は時代を通じて、世界各地の初期文明に
光とそれがもたらす生活に影響を与えてきました。
光が及ぼす多くの健康上の利点の発見は、
今日の医学の世界で信頼できる選択肢の開発の道を
徐々に切り拓いてきました。
自然の力によって現代の病気を治療する
いくつかの光療法の事例を紹介します。

初期の開業医は、光で治癒できることを発見
1903年ノーベル医学賞を受賞したNiels Ryberg Finsenは、
狼瘡患者を治療するための光療法の先駆けとなりました。
彼はUV光を集中させた光線を使って、
特に顔面および頸部の皮膚組織を破壊する結核の一種である
狼瘡患者を治療しました。
医療従事者は、病気を治療するための光の研究に力を入れていた
コペンハーゲンのフィンセン研究所に知識を求めて集まりました。
1920年代には、自然太陽療法(ヘリオセラピー)やランプを用いた
人工光療法(光線療法)が治療の一環として普及しました。

現代医学が発見される数十年前、
太陽光と清潔で乾燥した空気が、
結核に罹患している患者に推奨された治療法でした。

医学における光治療の活用2
(写真提供:CAP-TB / abergelepost.com)

この療法は1930年代から1950年代にかけて運営されていた
ロンドンのレイ・セラピー研究所の開設に影響を与えました。
1800年代、新生児や子供のくる病を治療するために、
病院では紫外線を使用していました。
しかし、ミルクにビタミンDが加えられるようになって、
充分なビタミンDを得るために多くの光を必要としなくなり、
この習慣はなくなってしまいました。

光線療法の様々な用途
今日、私たちは光線療法の幅広い用途を見ることができます。
光線療法は、黄疸を受けた新生児のビリルビンレベルを
低下させるために使用されます。
閉鎖されたプラスチックのベビーベッドや保育器を使用するのが一般的ですが、
一部の医療施設では、乳母車や携帯用の簡易ベストを使用しています。

医学における光治療の活用
病院で黄疸の光療法を受けている新生児

光線療法は、関節炎、スポーツ傷害、首や背中の痛みを
軽減するための非侵襲的治療として使用することができます。
これは家庭用装置の形態や、医療施設で施術を受ける方法があります。
治療によって組織の深部まで浸透し、血液循環を刺激し、
炎症を軽減し、筋肉の痙攣を和らげます。

光線療法は、秋と冬に典型的に起こるウツ病のひとつである
季節性情動障害(SAD)の治療にも役立ちます。
秋から冬にかけては、日照日数が短く日光暴露が少なくなり、
SADは落ち込んだ気持ちになり、日々の活動を妨害することがあります。
自然の屋外光を模倣する光線治療ボックスは、
気分や睡眠に関連する脳の化学物質に影響を与えることによって
SADの症状を緩和すると考えられています。
SAD治療ライトは、それらが放射する正確なルクスまたは光の種類に応じて、
異なる必要な距離および治療時間を調整することができます。

SAD治療ライト
(写真提供:SAD.org.uk)

光線療法は美容にも使用され、肌を若返らせたり、
傷ついた肌を滑らかにしたり、にきびやしわを予防します。
発光ダイオード療法(LED)または光線力学療法(PDT)として
知られているこの治療法は、
スキンケア療法の代わりとして安価で使用できます。

美容レッドライトセラピー

光線療法は一般的に安全ですが、
その使用に関する十分な注意が必要です。
光線療法の副作用には、頭痛、眼の緊張、過敏性、睡眠障害
および不眠が含まれます。
これらは多くの場合、軽度であり数日後にはその症状は消えます。
光感作薬は、皮膚を光に対して敏感にし、
皮膚反応を引き起こす可能性があります。
これには、リチウム、メラトニン、特定の抗生物質、
いくつかの座瘡治療薬などが含まれます。
皮膚癌および全身性エリテマトーデスの病歴を有する患者には
光線療法は向きません。
同様に、糖尿病のように眼の網膜疾患を伴う病歴を有する
患者にもお勧めしません。

出典元:Lighting Research Center
http://www.lrc.rpi.edu/resources/newsroom/pr_story.asp?id=365#.WZg6hcZpzIU